インナーボール

インナーボールは尿漏れ防止に効果あり!理由と使い方を解説

インナーボールは、尿漏れ防止に効果があります。

なぜなら、インナーボールを使うことで、おなか周りの筋肉を鍛え、刺激を受けても尿が漏れるのを防いでくれるためです。
尿漏れは、骨盤まわりの筋肉が衰えることによって起こります。

インナーボールによって、骨盤底筋群を鍛えることによって、尿漏れ防止する効果を得られます。

尿漏れが起こるメカニズムについて

なぜ尿漏れが起きてしまうのか。この3つがあげられます。

  • 骨盤まわりの筋肉が衰え
  • 出産や加齢
  • 膀胱が下がる

骨盤まわりの筋肉と関係があります。では詳しく説明していきます。

骨盤まわりの筋肉が衰えたため

尿漏れは骨盤まわりの筋肉がゆるみ、支えの力が弱くなることにより起きます。

骨盤まわりには9個の筋肉の集まりがあり、骨盤底筋群といいます。尿を出したり止めたりできるのはこの骨盤底筋群がコントロールしているからです。締まったりゆるんだりして排泄をコントロールしています。

なので締まる力が弱くなれば尿を止めることが難しくなりますね。意図せずに尿漏れが起きてしまうのです。

出産や加齢のため

出産や加齢を体験した方は骨盤底筋群が弱まり、尿漏れになる人が多いです。加齢ではほかの筋肉と同様に骨盤底筋群もだんだんと衰弱します。それにより尿漏れも起きてきます。

出産後は妊娠中の胎児の支えと分娩により骨盤底筋群はかなりのダメージを受けています。骨盤底筋群の筋力はとても弱くなっているので尿漏れが起きやすいです。

私の体験した感覚ですが、産後は腰回りや脚の付け根に力が入りにくかったです。地道な腹筋運動もなかなか効果が出ずにいたある日、軽度の尿漏れを経験しました。

頭では理解していたけれど、いざなるとかなりショックで恥ずかしい思いがいっぱいでした。

膀胱が下がるため

骨盤底筋群の筋力が弱いと膀胱が下がってしまい、尿漏れしやすくなります。骨盤底筋群は膀胱を下からしっかり支えています。

骨盤の中でほかの臓器と一緒に正しい位置で正常な動きをするようにコントロールしながら支えています。

骨盤底筋群の力が弱まれば支える力も落ちてしまいます。すると膀胱は下がってしまいます。安定した支えが失われ、コントロールが乱れてしまい頻尿や尿漏れが起きやすくなってしまいます。

インナーボールが尿漏れ防止に効果がある理由

インナーボールがなぜ尿漏れ防止に効果があるのかこの2つをあげていきます。

  • 骨盤底筋群を鍛えられる
  • 膀胱を正しい位置に引き戻せる

インナーボールは骨盤底筋群を鍛えることができる

インナーボールを使った膣トレでは効率よく骨盤底筋群を鍛えることができます。膣の動きが分かりやすくなり効果があるトレーニングができます。

膣を良く動かすと連動して骨盤底筋群も刺激され鍛えることができます。キュッとインナーボールを膣で締めるとき骨盤底筋群に力が加わります。

この動きを継続して行うことで骨盤底筋群が鍛えられるのです。

膀胱を正しい位置に引き戻せる

衰えた骨盤底筋群が復活すると下がっていた膀胱も元の位置に戻ります。骨盤底筋群が鍛えられたら膀胱を支える力が回復します。

膀胱を下からしっかりと支えることができるようになります。すると膀胱は骨盤の中で正しい位置に戻ることができます。

膀胱だけではなく、子宮なども骨盤の中で崩れたバランスを元に戻すことができます。

膀胱が正しい位置に戻ることで尿漏れを防止できる

骨盤底筋群が鍛えられて膀胱が正しい位置に戻ると尿漏れを防止できます。膀胱が正しい位置に戻ると正常な働きを取り戻します。

筋力が回復した骨盤底筋群も正常な排泄コントロールをするようになります。締める、ゆるむといった動きのバランスが保てるようになるので尿漏れすることがなくなります。

膀胱が正しい位置になると体内の巡りもバランスを取り戻すので正常な排泄機能になり尿漏れの心配がなくなります。

尿漏れ防止するためのインナーボールの使い方

尿漏れ防止につながるインナーボールの使い方を紹介します。

  • インナーボールをキレイにする
  • インナーボールを入れる
  • カラダを動かす
  • しっかり洗い保管しておく

使用する前にインナーボールをキレイにする

インナーボールは膣内に入れるものです。使用する前は必ず清潔にします。

汚れたままのインナーボールを使うと膣の中で雑菌による炎症が起きてしまいます。インナーボールは常にキレイにしておきましょう。ボディソープで洗うか水洗でもいいです。

そのあとはきれいなタオルで拭き取ります。ジェルをつけて使う時もあります。この時も必ず洗うようにしましょう。インナーボール専用の洗浄アイテムもあります。気にする方は専用のものを使ってもいいと思います。

インナーボールを入れてカラダを動かす

インナーボールを入れて日常生活をしてみましょう!部屋を掃除機掛けるとき、近場に買い物や洗濯ものを干す時などインナーボールを入れて過ごします。

日ごろからインナーボールを使うことで継続した骨盤底筋群のトレーニングになるのです。それに日常動作が加わることで効果的にトレーニングができます。膣を締める力が早く身について骨盤底筋群が締まります。

またゆっくり動くヨガやピラティスもインナーボールを入れながらすると効果的にトレーニングができます。

使用後はしっかり洗い保管しておく

使用前と同じく使用後も清潔にして保管します。ボディソープまたは水でしっかり洗浄します。そのあとは自然乾燥でもいいですが、ドライヤーの冷風で乾燥させてください。

乾燥したらインナーボールに付属されていた布袋で保管します。ついてないときはキレイな袋に入れて保管してください。オープンに置けるひとはいいですが、家族がいたりして置き場所に困るひとはハンカチの間や生理用品と一緒に置くとバレにくいですよ。

体内のデリケートな場所で使うものですから清潔にすることを忘れないようにしましょう。

まとめ

尿漏れは女性にとってとても深刻な悩みです。改善したり、解消するのも簡単にはできません。インナーボールを使って膣トレすることで尿漏れ防止ができるのは最高だと思います。

効率よく骨盤底筋群を鍛えられて膀胱や排泄機能を正常に戻すことができるからです。

尿漏れにどう対処していいのかまわりに言えずひとりで悩んでいる方。インナーボールを使って膣トレを始めてみましょう。