インナーボール

インナーボールの洗い方!正しい洗い方と保管方法を解説

インナーボールの洗い方!正しい洗い方と保管方法を解説

インナーボールの洗い方は、以下の通りです。

  1. インナーボールを濡れたタオルでしっかり拭く
  2. インナーボールを完全に乾かす
  3. インナーボールを購入時に入っていた袋に入れて保管する

インナーボールには、医療用に使用されるシリコン素材が使用されていたり、バイブ機能付きの物があったり、直接水洗いをすることができません。

そのため、インナーボールは、抜けたタオルでしっかり拭き、清潔にする必要があります。

今回は、インナーボールの洗い方と保管方法について、解説します。

インナーボールの正しい使い方

インナーボールの洗う手順

インナーボールを使用するときの悩みとして、「使用後、どうやって洗えばいいのか分からに」というものがあります。

インナーボールは、膣内に入れて使用するため、清潔さに最も注意を払いたいところです。

まず、インナーボールを洗う手順について解説します。

①インナーボールを濡れたタオルでしっかり拭く

インナーボールには、医療用器具にも使用されるシリコンエキストマー素材が使用されており、膣に入れても安全に使用できるようになっています。

ただ、インナーボールを直接、水洗いすると、シリコン素材を傷つけてしまうため、濡れたタオルでしっかり拭くようにしましょう。

また、インナーボールの専用クリーナー「ピュアウォーターPH12」を使用すると、より清潔さを保つことができます。

インナーボールを、直接水で洗うことはお勧めできません。
インナーボールには、ソフトなシリコン素材が使用されているため、水でゴシゴシ洗うと、表面を傷つけてしまう可能性があります。
インナーボールにできた傷に、菌が入り、膣内があれる原因にもなるため、注意深く拭きとるようにしてください。

②インナーボールを完全に乾かす

インナーボールを濡れたタオルでしっかり拭いた後は、風通しの良い場所に置いて、完全に乾くまでおいておきましょう。

少しでも濡れた状態でインナーボールを袋に入れてしまうと、菌を繁殖させる原因になってしまうため、よく乾かしてから袋に戻すようにしてください。

また、インナーボールは、直射日光を避けた場所に、置いておくといいでしょう。

③インナーボールを購入時に入っていた袋に保管する

インナーボールが完全に乾いたら、購入時に入っていた袋に戻し、保管しておきましょう。

もし、購入時に入っていた袋がなければ、透明のフィルム状の袋や、ポリ袋でも大丈夫です。

インナーボールの素材は、シリコンであるため、あまり布製の袋なのは避けるようにしましょう。

インナーボールの洗い方の注意点

インナーボールを濡れたタオルで拭くときは、以下の点に注意しましょう。

  • インナーボールを強くこすらない
  • アルコールなど刺激性のあるもので除菌しない

インナーボールは、膣に刺激のないようソフト感のある素材を使用しています。

インナーボールを洗う際に、注意しないと、素材自体を傷つけてしまうことがあります。

インナーボールを強くこすらない

インナーボールを濡れたタオルで拭く際、強くゴシゴシこすらないようにしましょう。

理由は、水洗いの時と同じで、インナーボール自体を傷つけてしまうためです。

常温もしくは、ぬるめのお湯にひたしたタオルをよく絞り、インナーボールの表面を優しく拭くようにしてください。

インナーボールをアルコールなど刺激性のあるもので除菌しない

インナーボールを洗う際、水だけでは物足らず、アルコールなどの刺激性のあるもので、除菌する方がいらっしゃいます。

インナーボール自体は、アルコール消毒によってキレイになりますが、膣の中に入れたときに、炎症なりをおこす可能性があります。

インナーボールは、膣という体内にいれるものですから、できるだけ刺激性の低いもので除菌するようにしてください。

もし、インナーボールの清潔さにこだわりたいなら、インナーボール専用クリーナーがおすすめです。
専用クリーナーである「ピュアウォーターPH12」は、合成洗剤や化学物質を一切使用していないため、安全性は確か。
インナーボール専用クリーナーであるため、安心して使用できます。

 インナーボールの保管のときの注意点

インナーボールをキレイに洗ったら、正しい場所に保管しておく必要があります。

インナーボールを保管するときの注意点は、以下のとおりです。

  • インナーボールを濡れたまま袋に入れない
  • 複数のインナーボールを一緒にいれない

インナーボールは、洗うときだけでなく、保管する方法にも注意する必要があります。

インナーボールを濡れたまま袋に入れない

インナーボールをキレイにしたら、袋に入れて保管するのですが、乾いた状態で入れるべきです。

インナーボールは何度も言っているようにシリコン素材であるため、濡れたままフィルム系の袋に入れておくと乾きが遅くなってしまいます。

もし、濡れた状態で長時間インナーボールを密閉空間に入れておくと、菌が繁殖する恐れがあります。

インナーボールを保管する場合には、必ず乾いた状態で、袋に入れるようにしてください。

複数のインナーボールを同じ袋に入れない

インナーボールを複数持っていた場合、同じ袋に入れておくと、互いを気づつけたり、菌が繁殖することがあります。

そのため、インナーボールを同じ袋に入れる場合は、食品用のラップに包んでいれ、互いのインナーボールが触れ合わないようにしてください。

また、インナーボール以外のローターやバイブなども同様に、直接触れ合わないようにすることで、より清潔さを保つことができます。

インナーボール専用クリーナー「ピュアウォーターPH12」とは

インナーボールには、専用クリーナ「ピュアウォーターPH12」があります。

ピュアウォーターPH12は、合成洗剤や化学物質を一切使用しておらず、マイナスイオンを含んだ水によって、汚れを分解し、インナーボールを清潔にしてくれます。

ピュアウォーターPH12を使用するときは、濡れたタオルに、1~3滴含ませて、インナーボールを拭くことで、安全に、より清潔にすることができます。

インナーボールを洗う時、水ぶきだけでは不安な方は、ピュアウォーターPH12を使ってください。

まとめ

インナーボールを洗う際は、直接水洗いせず、濡れたタオルでしっかり拭くようにしましょう。

インナーボールの素材は、繊細であるため、膣にとっても安全性が高いですが、扱いも気を付けなければなりません。

インナーボールの正しい洗い方、保管方法を実践し、清潔な状態で膣トレを行いましょう。

【関連記事】
インナーボールの仕組みは?

インナーボールの効果は?どれくらいででる?

振動するインナーボール3選!

インナーボールで感度があがる理由