インナーボールの使い方

インナーボールはコロコロする?入れても効果ないのか

インナーボールはコロコロする?入れても効果ないのか

「インナーボールを使ってもコロコロを感じられない…もしかして使い方が間違っている?」

インナーボール=コロコロのイメージがあるのか不安になってしまう人もいますが、コロコロしなくても問題ありません。

インナーボールがコロコロする仕組み・インナーボールの効果的な使い方を解説します。

インナーボールは必ずしもコロコロするわけではない!

インナーボール コロコロ

「インナーボールは絶対に中でコロコロ音がするもの」と思っている人もいますが、そんなことはありません。

そもそもインナーボールのコロコロは、ボール内で重りが動いている音。

歩いているからコロコロを感じやすいわけで、楽な姿勢で膣トレをしている場合はコロコロを感じにくいです。

本来インナーボールは楽な姿勢で使う物なので、コロコロしなくても問題ありません。

関連:インナーボールはすぐ落ちるときは?

インナーボールでコロコロを感じている人

このように、インナーボールでコロコロを実感している人は歩いているケースがほとんど。中に重りが入っているので、自分が動いていればコロコロを感じやすいのは当然です。

※インナーボールを入れた状態での外出は推奨されていません。

コロコロを感じるかはインナーボールの種類にもよる

インナーボール 種類

インナーボールによってコロコロしやすい・しにくい物があります。

各販売ページのレビューでも「これはコロコロを感じられて良かった」などと書かれているのを見かけますが、それだけ種類によって差が出る物です。

自分の膣に合う・合わないもあるので、インナーボールの種類を変えてみるとコロコロを感じられることもあります。

コロコロを感じやすいインナーボール

  •  小さめのサイズ
  • くびれが大きい
  •  ダブルボール
  •  重い
  •  密着感がある

挿入中に密着感を感じるインナーボールだとコロコロを感じやすいです。また、シングルよりもダブルボールのほうがコロコロを感じる人が多い傾向があります。

コロコロを感じたい場合は、このようなタイプのインナーボールを使用しましょう。

一番重いタイプだと座っている状態でもコロコロを実感している人もいます。

関連:インナーボールおすすめランキング

コロコロしないならインナーボールの効果はない?

インナーボール 効果

コロコロを感じなくてもインナーボールの効果はあるので安心してください。

コロコロの刺激・振動で引き締めを意識しやすいのは確かですが、インナーボールを入れているだけで膣トレになっています。

重要なのはコロコロするかしないかではなく、引き締めを意識できているか。あまりコロコロにこだわりすぎなくても大丈夫です。

関連:インナーボールは効果ない?

コロコロしなくてもOK!インナーボールの効果的な使い方

インナーボール 使い方
  • 膣の引き締めを意識する
  • 使用時間は10~15分
  • できるだけ毎日使う

インナーボールを効果的に使うにはこの3つを心がけてください。これを守っていれば、コロコロを感じられなくてもインナーボールの効果を実感できます。

膣の引き締めを意識する

インナーボールを使うときは膣の引き締めをしっかりと意識しましょう。引き締めによりインナーマッスルが鍛えられます。

効果的な膣トレ方法

  1. インナーボールを挿入する
  2. 5秒間かけて膣を引き締める
  3. 5秒間かけて膣をゆるめる
  4. 1と2を交互に5回繰り返す
  5. 1~3で1セットとし、1日3セットする

インナーボール使用中にすると効果的な膣トレです。座った状態・ベッドに横になった状態でOKなので取り入れてみましょう。

膣を引き締める方法

インナーボール 膣を引き締める

エレベーターが閉まるのをイメージして、外側から内側に力を入れます。締めるときにお尻の穴に力が入ってもOKです。

限界まで締めたら、今度はエレベーターが開くのをイメージします。少しずつゆっくりと力を抜きましょう。

慣れてきたら、《締める→ゆるめる》のスピードを変える・力の強弱をつけるなどもおすすめです。

膣の引き締めが分からない場合の対策

エレベーターの方法を試しても膣の引き締め方が分からない場合は、膣・尿道・肛門それぞれを意識しましょう。

出典:【おうちで膣トレ】食事制限も運動もなし! 短期間で体型戻しが叶う | ページ 3 / 3 | LEE

この3ヶ所を、それぞれ別々に力を入れて動かしてみてください。膣が締まるときにどのような感覚になるのか意識できるようになります。

とはいえ、慣れないうちは3ヶ所を別々に動かすのは難しいもの。意識するコツとしては、それぞれの部位に手を軽く添えてください

こうすることで自然と触れた部位に力を入れられるようになります。

関連:インナーボールの効果的な使い方

インナーボールの使用時間は10~15分

インナーボール 使用時間

インナーボールを効果的に使うのなら、1回の使用時間は10~15分にしましょう。これはインナーボールの推奨使用時間でもあります。

インナーボールを長時間入れたままのほうが膣トレに効果的!と思っている人もいるようですが、それは間違いです。

筋トレも同じですが、長時間すれば良いというものではありません。実際、普通の筋トレでは1時間以上のトレーニングは逆効果といわれています。

関連:インナーボールを長時間入れるのは?

長時間の筋トレが良くない理由

  • テストステロンが減少する
  • 体がエネルギー不足になって筋肉を分解する

インナーボールを長時間入れっぱなしにするのは、膣に重りをずっとぶら下げているということ。

だからといって筋トレ効果は上がらないですし、身体への負担のほうが大きいのでやめましょう。

「インナーボールを入れると毎回筋肉痛になる」という人は、明らに長時間入れすぎなので気をつけてください。

できるだけ毎日使う

インナーボール 毎日使う

インナーボールの効果を実感するには、できるだけ毎日使うのが大事です。毎日10~15分使用することで膣の引き締めをしっかりと意識できるようになります。

使うのにおすすめの時間帯

基本的にはいつ使ってもOKです。ある程度時間を決めておくと習慣化しやすいので、自分の都合のいいタイミングで使いましょう。

リラックスした状態だとインナーボールが入りやすいので、お風呂上がりはおすすめです。

生理中も使うべき?

インナーボールは生理中・妊娠中の使用はNGです。体がデリケートな時期は無理せず安静にしておきましょう。

関連:インナーボールの洗い方

コロコロは必須ではない!インナーボールは毎日使うのが大事

インナーボール 毎日

インナーボール=コロコロしないと効果が無いということはありません。それよりも正しい方法で毎日使うのが大事です。

インナーボール使用中に、《引き締める→ゆるめる》を繰り返せば膣トレの効果もアップします。コロコロよりも膣の引き締めを意識してインナーボールを使用しましょう。

関連:インナーボールの使い方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。