インナーボールの使い方

インナーボールの保管方法は?保管する前の洗い方も解説

インナーボールの保管方法は?保管する前の洗い方も解説

インナーボールの正しい保管方法が分からない…

インナーボールを保管する場合は、本体をラップやポリ袋で包んで、ポーチに入れておきましょう。

また、保管前にキレイに洗わないと菌が繁殖する恐れもあります。当記事を読んで、正しいインナーボールの保管方法を学びましょう。

インナーボールの保管方法は?

インナーボールを保管する場合は、以下の手順で行います。

  1. ラップやポリ袋で包む
  2. 購入時の袋やポーチに収納

インナーボールを保管するときは、雑菌やホコリなどが付かないように十分気をつけてください。洗面所などにむき出しで放置していると雑菌まみれになってしまうのでNGです。

ラップやポリ袋で包む

インナーボールをサランラップやポリ袋で包んでから収納することで、雑菌などが付くのを防げます。

サランラップだとしっかりと密封されるのでおすすめです。

購入時の袋やポーチに収納

インナーボール専用袋

インナーボールをサランラップなどで包んだら、購入時に付いてきた袋やポーチに収納します。

ポーチを捨ててしまった・最初から付いていなかった場合は、ジップロックなどに入れるのがおすすめです。できるだけ密封できる入れ物を選びましょう。

インナーボール保管方法①キレイに洗う

インナーボールの洗い方は、以下の手順で行います。

  1. 専用ソープ・石鹸などを付けてぬるま湯で洗う
  2. 水滴をしっかりと拭き取る
  3. 完全に乾くまで自然乾燥させる(1~2時間が目安)
  4. 専用ケース・ポーチで保管する

インナーボール使用後は、ラブグッズ専用のソープまたは石鹸などでしっかりと洗ってください。

なにも付けず水洗いする人もいますが、衛生面を考えるとちゃんと石鹸を使用することをおすすめします。

〇注意!
完全防水ではないインナーボールの場合は、除菌シートやウエットティッシュなどでよく拭いてください。

関連:インナーボールの洗い方

インナーボールを清潔に保つならコンドームが一番

インナーボールを清潔に使うためにも、できればコンドームの使用をおすすめします。

コンドームを被せることでインナーボール本体に雑菌が付きにくくなり、お手入れが簡単になりますよ。

コンドームの使用は膣炎などのリスクを軽減する上でも有効です。

インナーボールの保管方法②場所を決める

インナーボールはコンパクトなので保管場所に困ることは少ないかと思います。しかし頻繁に使う物なので、取り出しやすい場所に保管しましょう。

湿気はインナーボールにとって良くないので、できれば乾燥剤を一緒に入れておくのがおすすめです。

インナーボールは高温多湿NG。便利だからといって洗面所に収納するのはやめましょう。

他のラブグッズと一緒に保管する場合の注意点

インナーボールを他のラブグッズと一緒に保管する場合は、ラブグッズ同士が触れ合わないように気をつけてください。

ほかのラブグッズと長時間触れ合うことでインナーボールが変形してしまう危険性があります。それぞれのグッズをサランラップなどで包んでから保管すれば、変形の心配はありません。

〇ポイント
インナーボールに使用されているエラストマー素材は、塩化ビニール・ポリエチレンと長時間触れ合うと化学反応を起こし変形する恐れあり

インナーボールの保管方法:まとめ

インナーボールを安全に使うためには、きちんと洗って正しく保管するのが大事です。雑菌などが付かないように、使用後はていねいにお手入れしてください。

お手入れに多少の手間はかかりますが、《きちんと洗って完全に乾かしてから収納》を守れていれば大丈夫。インナーボールの洗浄方法・保管方法を守って、安全に膣トレしましょう。

関連:インナーボールの使い方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。