インナーボールの使い方

インナーボールの効果的な使い方は?誰もできる効果的な使い方

インナーボールの効果的な使い方は?誰もできる効果的な使い方

「インナーボールの効果的な使い方は?」

インナーボールの効果を高めるためには、ボールを入れた状態でエクササイズを行いましょう。

カラダを動かすことによって、より膣トレの効果がまし、結果をはやく得られるようになります。

では、どのようなエクササイズを行うといいでしょうか?

インナーボールの効果的な使い方は?

インナーボールの効果的な使い方は、入れたままボールを持ち上げて引き締める動作を入れることです。以下の流れで行います。

  1. 仰向けになってボールを挿入
  2. 骨盤底筋を締めて、ボールを持ち上げて引き締める
  3. 引き締めを5秒間保持してから、次の5秒間リラックス
  4. この手順を5回続けて繰り返す
    (参照)インナーボールの使用方法

インナーボールは、入れてるだけでも膣トレの効果がでます。しかし、よりはやく効果を感じたいなら、上記のエクササイズを行いましょう。

骨盤底筋群を鍛えられるのはインナーボールだけではありません。以下の簡単な運動でも鍛えることができます。

  • カラダの力をぬいて脚を肩幅に開く
  • 肛門と膣をキュッと閉め、5つ数えてからゆるめる

※10回1セット。膣のゆるみ予防なら1日3回、改善なら1日5回
(参照)花王 骨盤底筋群体操

関連:振動するインナーボール3選!

なぜインナーボールを入れての運動が効果的な使い方なの?

インナーボールは、入れているときにカラダを動かすと、より効果を発揮します。なぜなら、エクササイズをすることで、より膣に刺激を与えられるからです。

インナーボールにより膣トレは、筋トレの一種。筋トレも腹筋運動など筋肉に刺激を与えることで、鍛えることができます。

インナーボール 金属製のボール

インナーボールも同じです。インナーボールを入れてる状態で、カラダを動かすと、中にある金属製のボールが激しく動きます。

金属製のボールが膣を刺激することで、膣トレの効果を向上させることができるのです。

関連:インナーボールの仕組み

インナーボールの効果的な使い方で結果はいつ出る?

インナーボール 期間

インナーボールの効果的な使い方を行うことで、1週間程度で効果を実感できるでしょう。例えば…

  • お風呂あがりに膣から水漏れがなくなった
  • おなか周りがすっきりしたなど

はやければインナーボールを使い始めてから、1週間程度で効果を実感できる人が多いようです。

毎日5~15分ほど使用することで、効果を感じられる可能性があります。

インナーボールの効果的な使い方で得られること

では、インナーボールの効果的な使い方を行うと、どんな効果を得ることができるでしょうか?インナーボールのメリットは、以下のものがあります。

  • 尿漏れの改善
  • 膣のゆるみの解消
  • オーガニズムの向上
  • おなかまわりのシェイプアップなど

インナーボールを使うことで、骨盤底筋群を鍛えることができます。骨盤底筋群とは、簡単に言えば、お腹周りの筋肉のこと。

おなか周辺の筋肉を鍛えることで、尿漏れの改善、膣のゆるみの解消の効果があると言われています。

〇骨盤底筋とは?
骨盤の底で膀胱や子宮、直腸などが下がらないように骨盤を支えている筋肉です。
多くの頻尿や尿漏れでは骨盤底筋の弱まりから起きています。
骨盤底筋は腹筋と同じで鍛えることで強くなります。
(参照)大鵬薬品「骨盤底筋群運動」

関連:インナーボールが落ちる原因は?

まとめ:インナーボールの効果的な使い方

インナーボールの効果的な使い方は、入れたままエクササイズを行うことです。

入れている状態でカラダを動かすことによって、インナーボールの中にある金属製のボールがより膣を刺激します。膣は刺激されることで、鍛えることができるため、エクササイズを行うことで効果を高めることが可能です。

まずは、インナーボールに慣れてから、運動を取り入れるようにしましょう。

関連:インナーボールの正しい使い方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

\初めての方に一番人気/
【公式】LCインナーボールを開く
\初めての方に一番人気/
【公式】LCインナーボールを開く