インナーボールの使い方

インナーボールはトイレのときどうする?一日中入れるだけでいい?

インナーボールはトイレのときどうする一日中入れるだけでいい

インナーボールを初めて入れるときに悩むのが、トイレのときにどうすればいいのか

適当に使用していると、知らずしらずのうちにインナーボールに雑菌を付着させてしまうかもしれません。

そうならないための《トイレのときのインナーボールの取り扱い・インナーボールの正しい使い方》を解説します。これを知っておけばインナーボールの取り扱いで悩むことが無くなります。

トイレのときはインナーボールを取ったほうが清潔

基本的には、インナーボールを挿入したままトイレに行っても問題はありません。(※タンポンと同じようなイメージ)

しかし、衛生面で考えるとトイレに行くときは、インナーボールを取り出すべきです。インナーボールはタンポンとは違い、何度も繰り返し使います。

雑菌などの付着を防ぐためにもトイレに行くタイミングで使用を終了するのがおすすめです。

インナーボールは用を足す前に取り出す

インナーボールを取り出すタイミングは用を足す前がベスト。

用を足す前に取ってしまえば、インナーボールに雑菌が付くのを防げます。

インナーボールを入れたまま用を足す人もいますが、衛生的によくありません。

トイレのあとも装着を続ける場合はよく洗う

トイレに行ったあともインナーボールの使用を継続する場合は、インナーボールをよく洗ってから挿入しましょう。

デリケートゾーンに直接入れる物なので、できるだけ清潔な状態を保つのが大事です。

一度取り出して放置しておいたインナーボールをそのまま入れ直す、なんてことはしないようにしてください。

インナーボールは一日中入れていてもいいの?

インナーボールを一日中、入れておくのは控えておきましょう。

インナーボールで有名な「ラブコスメ」でも使用時間に以下の記載があります。

使用する時間の目安は、10~15分がお勧めです。
(引用元)ラブコスメ 公式HP

つまり、インナーボールは短い時間でも、続けていれば効果があるということ。外にいるときにずっと入れるのではなく、自宅にいるときに使いましょう。

次にインナーボールの正しい使い方・入れ方について解説します。

インナーボールの効果はどれくらい?

インナーボールの正しい入れ方・使い方

インナーボールの正しい入れ方は、以下のとおりです。

  • 楽な体勢をとって体の力を抜く
  • ゆっくりとインナーボールを入れる(紐が外に出るように)
  • 落ちてこない程度に押し込む(痛い場合は無理をしない)

インナーボールは小さいサイズでもそれなりの大きさがあるので、最初は上手く挿入できないかもしれません。しかし、無理に入れようとするのは痛いだけなのでNG。体の力を抜けば自然と入るので、焦らず挿入しましょう。

横向きになった状態のほうがスムーズに入ります。※慣れるまではボール1個にしておくのがおすすめです。

インナーボールの使い方まとめ

タンポンと同じように入れるとスムーズ

インナーボールを挿入するイメージが湧かない場合は、タンポンと同じ要領で入れてみてください。

足を軽く開き、息を吐いてリラックスした状態でそっと押し込めばすんなりと入ります。

入りにくい場合は角度を調整する

インナーボールが入りにくい場合は、角度が上手く合っていない可能性があります。

入れる角度を変えてみて、自分にとって入りやすい角度・ポジションを見つけましょう。

インナーボールが入らない場合の対処法

インナーボールが入らないときは、以下の対処法をとってみましょう。

  • ローションを使う
  • 寝る前に使用してみる
  • ソロプレイをしてから入れる
  • 小さいインナーボールに変える

どうしてもインナーボールが入らない場合はこれらの方法を試してみてください。

ローションを使う

ローションを使うとインナーボールがスムーズに入るようになります。

ラブグッズに使うのと同じ要領で、インナーボールにローションをよく馴染ませてから挿入してください。

ローションを使う場合はインナーボールにコンドームを被せるのがおすすめです。インナーボール本体のベタつきを防げるので、使用後にインナーボールを洗うときの時間を短縮できます。

インナーボールに合うジェルは?

お風呂上がりに使用してみる

「体の力を抜いてもインナーボールが上手く入らない…」という場合は、お風呂上がりにベッドに横になった状態で挿入してみましょう。

お風呂上がりは体全体がリラックスしているのでインナーボールが入りやすいです。注意点としては、インナーボールを入れたまま寝ないこと。

慣れるまでは10~15分の使用が推奨されているので、必ずインナーボールを取り出してから寝てください。

インナーボールはお風呂で使える?

ソロプレイをしてから入れる

緊張による潤い不足でインナーボールが入らないこともあります。その場合は、少しソロプレイをしてからインナーボールを入れてみるのもおすすめ。

ローションとは違い多少の手間はかかりますが、体だけでなく気持ちも開放的になるのですっと入るようになります。

インナーボールを使うと感度があがる?

小さいインナーボールに変える

いくらリラックスしてもローションを使っても入らない場合は、そもそもインナーボールのサイズが大きすぎる可能性があります。

膣の小さな人は普通のインナーボールさと大きく感じることがあるので、サイズの小さいインナーボールを試してみましょう。

メーカーごとに様々なサイズ・形のインナーボールがあるので、一番小さな物から試してみるのがおすすめです。

インナーボールの洗い方

インナーボールの洗い方の手順は、以下のとおりです。

  • 専用ソープ・石鹸などをつけて洗う
  • しっかりと乾かす
  • 保存袋に入れる

インナーボールを使用したあとは、必ずすぐにお手入れをしましょう。デリケートゾーンに使う物なので常に清潔に保つことが大切です。

専用ソープ・石鹸などをつけて洗う

インナーボールを洗うときは、ラブグッズ専用ソープや石鹸などを使いましょう。

雑菌などもしっかりと落とすことができます。洗うときの温度はぬるま湯くらいがおすすめです。

石鹸が残らないようにしっかりと洗い流してください。

しっかりと乾かす

石鹸残りなどもなくきれいに洗えたら、インナーボールを乾かしてください。

半乾きの状態で保管してしまうとカビや雑菌が繁殖してしまいます。インナーボールの乾かし方は、タオルドライをしてから自然乾燥が一般的です。

乾かす場所にもよりますが、1~2時間程度で完全に乾きます。

保存袋に入れる

インナーボールが乾いたら、きちんと保存袋に入れて保管しましょう。袋に入れておくことで雑菌やホコリが付くのを防げます。しかし、むき出しのまま袋に入れるのはNG。

サランラップやポリ袋で包んでから保存袋という二重構造にしてください。

こうすることでインナーボールを常に清潔な状態で保つことができます。

【詳細】インナーボールの洗い方

インナーボールの保管場所はどこがおすすめ?

インナーボールの保管場所は高温多湿にならない所ならどこでも大丈夫ですが、取り出しやすい場所にしましょう。使いたいときにさっと取り出せる場所に置くことで膣トレを習慣化できます。

インナーボールはコツコツと続けることで効果が出る物です。たまに長時間使用するよりも、日々短時間の使用を意識しましょう。

【詳細】インナーボールの保管方法

インナーボールをトイレで使うのは控えよう

インナーボールは、衛生面にさえ気をつけていれば安全に使える膣トレグッズです。雑菌が付きやすい環境を避け、正しくお手入れ・保管してください。

最初は少し面倒かもしれませんが、慣れれば使用後のお手入れもすぐに終わりますよ。日々コツコツと続けて膣トレを成功させましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。